aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

基本、ヤマト世代でもあるので、実はこのシリーズもそれなりに楽しみではある。この第2作のオリジナルをやってた頃は、うちでヤマトなんて見せてもらえなかったので、テレビや雑誌の情報をもとに最後は古代と森ユキが死んで終わりっていうことは把握していた。んで、今やってる2202はそれのリメイクって訳だけども、うーんぶっちゃけて言ってしまえば、デスラーとのガミラス戦の方が出来はいい。敵が巨大すぎるのと、話が散漫でね。ただ、まぁ、かなり変わってるとはいえ、第2作をきちんと見られたのは良かった(もちろん、後追いで映画もテレビもぽつぽつと見ていたからストーリーは知っている)。当時はまぢSFといえばヤマトしか無かったので、比較も何も無かったが、その後ガンダムはじめいろんなもんが出てきたんで比較もできる。

 

ヤマトのゴミなところは、個人的にはヤマトは何発当たっても落ちないのに敵戦艦は一発、ひどいときは機関砲にあたっても落ちるってところ。「明らかに科学力で劣っている国が何で一発で敵艦をおとせるねん」っていうところ。まぁリメイク・ガミラス版でもそこはやっぱり気になっていたようで、だいぶ改修が入ってたよね。そうそう乗組員が少ないところも改修入ってました。

 

ほとんど徹夜状態で本作を見たのですが、結論は最初に書いたようにガミラス版の方が良い。ダメなのは登場人物をきちんと描き切れていないところ。キーマンとかもったいない使い方。ガトランティス軍についてもあんな設定いるんだろうか・・・

 

でも、今のSFに比しても絶対に優れていると思えるのは音楽。個人的に史上最低のクソだと思ったのはマクロスなんですが、ぜひアニオタ厨二スタッフに見てほしい。「愛・おぼえていますか」みたいなレベル低い曲でなんで異星人が心変わりすんねん!もっとヤマト見て勉強せんかい!昔の曲をがんがんに使ってますが、ほとんど印象ありますね。おまけにディズニーじゃないけど、電子系の音楽にしてないから古くない。松本零士ものとしては、映画銀河鉄道999のゴダイゴのエンディング曲、あれも良いっすね。

 

ま、そんなわけで、改修はともかく2202はリメイク前の方が良かったんかしらん?っていうか風呂敷広げすぎやね。