aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

愛犬家とのやり取り、良いねぇ

愛犬家に「犬っていわないで」と言われたドランク塚地 続くやり取りに爆笑 | TRILL【トリル】 (trilltrill.jp)

 

いやー、これわかる。我が家には犬も猫もいないので。犬畜生は犬畜生。キモはゴキブリでも奉れば一緒ってこと。ゴキブリでも、「良いご家族ですねー」 まぁ苦手なんで、そんなこと言う前に逃げ出してるけど。まぁゴキブリでこのやり取りできるんやったら、ある意味尊敬できるな。

 

こういうときのペット飼い主ってどういう感覚なんやろね?犬好きだから私はあなたより一ランク上?周りは思ってないけど、確かにうちは規則でペット飼えないから、ランクが上なんかもね。でもうらやましくない。うち、文句もいっぱい垂れるけど、娘がいる。

 

っつーのも、最近 Yahoo ! とかペットのネタめっちゃ多くって、特に犬より猫が多いと思うんだけど、ネガティブ情報が全然なくって、布イスにネコがばりばり爪たててても、「かわいーですねー」「猫って最高ー!」っておまえらアホやろ。それにそういうネタ以外にものすごく捨てられてる問題が発生しているようなんだけど、そういうの全然ニュースで流さない。孫(「まご」じゃないよ「そん」)が実はペット好きなのか?

 

そうそう、うちは奥様猫アレルギーあるんで、今後状況変わって飼えるとなっても犬だと思うんですけど、どんなに好きになっても愛犬家にはなりたくないかなぁ。まぁ少なくともあと7年ぐらいは無いですけどね。

 

 

徳川家康は良い

最近は戦国時代の武将というと、マニアックになってきて直江兼続とか真田幸村とか、大物を苦しめたマニアック系が人気になってるけども、いろいろ考えてみると徳川家康が最後に勝って良かった気がする。

 

最近すごいイヤなのは、その手のドラマ見て、「徳川家康をあと一歩まで追い詰めた真田幸村最高っす。幸村が天下取るべきだったと思う。」とか「やっぱり前田慶次でしょう。傾奇モンで、何モノにもとらわれない風流な生き方最高!こういうのが天下取るべき」とか、またマスコミがアンケート取ったりして、それが天下人希望ランキングにも出てくる。

 

でもちょっと待って。ワタシは普通に徳川家康が天下取って良かったと思います。いや、たとえば真田幸村真田丸にあるように本当に家康に肉薄し、首尾よく家康を殺したとします。では幸村に統治能力あるでしょうか?昌幸でも一緒。

 

たぶん、家康だけでは天下を取れてない。信長は必須。秀吉が必要かどうかは微妙だけども・・・

ただ、秀吉や信長はしょせん自分しか見ていない。また、日本統一後が心もとない。凡庸な言い方だけど、あの当時、日本をおさめられたのは信玄か家康しかいない。他の連中には政治力が無い。人気の謙信がダメなのはもちろん政治力の無さ。信玄の生き様は気の毒としか言いようが無いんだけどさ。家康の場合、古狸と呼ばれて、腹黒で策謀家みたいな描き方をされてるけども、育ち方見ても、忍耐力と愛嬌みたいなのはあったと思える。家康二大修羅場の一つ伊賀越えも、けっこう人となりを表していると。秀吉のように農民から登っていってないので、兵卒の気持ちはわからないし、なんだかんだ言ってもお坊ちゃん、そういう意味で気遣いできない部分はあったようだけど、大ボケや小心者のところも確かにあったようで、なので一徹三河者がついていったのだろう。

信玄も家康もはっきり天下取りを目指していないタイミングがあり、毛利元就もそうかな?このタイプは人の気持ちを斟酌するので、適切な領土配分ができる。だから250年強も持ったのよ。

 

ちなみに今回の風間君家康は悪くないけど、あそこまで頼りないことはない。おんな直虎の阿倍サダヲがもっと自由にやってくれるのが、タイプやねぇ。あと、神君って言い方は良くない。普通の家康君の方がよっぽど人となりを表してる気がする。

DAZN のキライな実況、北川義隆

DAZN 以外に無いから DAZN を見てるけど、基本洋物サイトらしく客に冷たいし、値段の問題が無かったら絶対に見ていない。当然実況もキライなのだが、表記北川義隆セリエA だとインテル好きでないと人間ではないのだろうか?ほんとうはローマ好きらしいのだが、ちょうどこないだのインテル戦(もちユーベvsインテル)でも、聖インテル対邪ユーベって感じですべてにおいてユーベは「邪」。これだけ偏った実況をイタリアの現地戦でやっちゃうんだ、とがっくり。そういえば、ローマ戦はSKY 系に持っていかれたから聞かずに済んだのかも。

 

インテルルカクは聖なので、ルカク様が得点にからむようなシーンは明らかにトーンが一段上がる。面白いことにラウタロはおまけなので、あまりテンション変わらず。MFではニコラ・バレッラとハキミ。このへんがボール持ったら敵は犬畜生。極悪金貸人からカネを奪ってきた「聖」みたいなもん? なぜか、不思議なことにC.ロナだけは違うらしく、C.ロナがボール持つと急に言葉遣いが礼儀正しくなるが、それ以外のユーベの選手はすべて犬畜生らしく、面倒くさくなるとすべて「敵」で、ほんとに何でここまで言われないとあかんのやろ?って思うぐらいボロくそ。

ちょっと話ずれで、ヴィダルとケアンについては、それぞれ今はインテルとPSGにおさまってるけど、取り戻しにいってないのは、「素行不良だから追い出した」ってことで良しとしてほしい。ヴィダルは基本下品なので、ユーベにはふさわしくない。こんなのを「聖」にするな。

 

うー正直dazn やめたい。でも代わりがない。泣ける・・・・

いずれにしても北川君(および他の実況連中も)はそう思って観てる人もいるってことに気づこうね。あなた実況でしょ?

ユベントスはキエーザなのだ

ユベントスキエーザ

 

春はあけぼの・・・ユーベはキエーザ。これぐらいやってくれればいうことない。マッケニー、クルゼフスキ、キエーザと三大移籍組のなかで、まぁ一番評価高いのはマッケニーだけど、やっぱりキエーザはプレーに対する真摯さが全く違う。最近 DAZN なんかでロクに見てもないのに、好き放題言ってくれる解説者がいっぱいいるけど、今年のユーベを支えてるのはキエーザなのだ。

 

三人のなかではクルゼフスキは破壊力だけで、テクニックが無いので一歩下がる。それでも、昨年のラムジーとラビオの謎フリー移籍に比べればずっといい。ラビオは昨年よりはずっといいけどさ。フラボッタはピルロが好きみたいでずっと使ってるけど、キエーザやマッケニーに比べれば一段落ちる。

 

今年のユーベはとにかくパスがつながらない。パスサッカーを目指してるのにパスがつながらない。ちょっと研究されるとすぐダメになる。こないだのインテル戦はそれがものすごく出ていたけど、年末のフィオレンティーナ戦だって出てたし、もうちょっとパスの精度を上げないと。今シーズンは昨シーズンが終わってすぐ始まってるから、ピルロが鍛える時間が無かったのでしょうがないといえばそうだが、今シーズン終わったら徹底的に鍛えることでしょう。そうしないとユーベはもう上がってこれない。そして、全体的に見えるのは気迫不足。ほんとに年老いた貴婦人のようなサッカーをやってたら絶対に勝てない。そして、それを変えるために必要なのはキエーザの気迫なのだ。典型的気迫不足のモラタやニヤニヤしてるわりには役立たずのディバラはさっさとクビにして、キエーザクリロナで2TOP をさせるべきやね。ま、そうするとサイドやるのはベルナルデスキ?

 

見てる方だって、キエーザがボール持つと何かが起きそうでドキドキする。サッカーに大事なのはこれでしょ?

信玄と似ている家康

歴史上の人物を鑑みるに、武田信玄徳川家康は似ている。

用心深いところはもちろんだが、奥さんで失敗しているところとか、経験を大事にするところ、戦いが必勝ではないところ。 また、自国の領土を固める方に力を置いたところも。 いろんな描き方はあるが、家康は秀吉に先を越されたときに、間違いなく5カ国の経営に重点を置いている。 今の大河ドラマでもやってるが、信長が本能寺でやられる前もそうだろう。

 

信玄は秀吉や信長とは似ていない。 家康と似ている。 三方ヶ原ではもちろん他の部分でも間違いなく、参考になっている。 まぁ信玄の方が豪快で、家康の方がタヌキだけども。 さすが家康、見習うべきも間違っていない。いろいろ言われていても、信玄も家康も人として真っ当なんである。虐殺者信長はもちろん、秀吉も情ではなく技である。だが、長らく歴史を支えるのであれば、絶対に情は必要で、信玄の治水や法などもそうだが、まず人の生き方を考える必要がある。やはりこの二人は似ているし、まず家康で良かったと思える。

 

三成が直江がと最近のご時世は敵役に目が行ってるが、三成や直江が400年の世を造れたとは思えない。やはり家康だから江戸幕府ができたのだと思う。

コロナ イマドキ

我がコロナ関連の文句垂れも、時間の経過とともに冷静になってきて、最近は流れを落ち着いて見ていられる。

 

そんななかで気になるのが経済活動で自粛ではない。ニュースで全くやってないけど、世の失業者はかなりのレベルになってると思われる。日銀の謎の株買いで、株価だけは上がっているが、経済が良いはずがない。特にレストラン、観光関連は壊滅的でどんどん壊れている。でも、ニュースは何を考えているのかこの後ろ向きな状況を絶対に言わない。

 

コロナがやれ2,000人だの5,000人だのと増えていって、それが何だというのだろう。5,000人になると人類が滅ぶのだろうか。前にコロナ会議の医者委員が同じことを言っていたが、まったく同感。別に死にゃしない病気で10,000人患者出ようが、そんなのどうでも良いことだ。

 

極論すればブラジルが正しかったのかもしれない。コロナ対応に正解はなくて、患者ゼロになることはない。いずれにしても今やるべきなのは経済を止めないことだと思う。取れるべき手は2つ。今、諸悪の根源は「酒」だと思ってるので、禁酒法でも発令し、酒にかかる商売をゼロにするべきか、あるいは何もせずコロナを風邪レベルの分類に落とすことだ。ただ、酒は政治家も大好きなんで、禁酒法は成立しないだろうね。

 

さて、日本。このままだとジリ貧。国民があまりにもひどい。政治家だけではない。国民がひどすぎる。すべてをやめて貧乏国に落ちたら、それも政府のせいにするのだろう。そしてそれも恨み言だけ言って自分の間違いに気づくこともなく滅んでいく。対策はね、自分で考えないといけないんだよ。それが考えるということさ。文句なら誰だって言える。

伝説巨神イデオンも

ガンダムが流行していたころ、テレビ東京では次作品「伝説巨神イデオン」をやっていた。話のスジはガンダムとだいぶ違うのだけど、主要キャラはけっこう似ていて、おまけに声優もかぶっている。しかも初めて買ったサンライズ・プラモはガンガ・ルブ だったりする。

 

イデオンは哲学的すぎた。テレビ編しか観ていないし、テレビ編は打ち切りになっていたようなので、いよいよもって話がわからなかったけど、既に本放送が終わっていたガンダムに比べると、イデオンの方が好きであった。

 

ただ、哲学的で難しいわりに話の深みはあまりなく、また設定もやや雑であったと思う。当時としては、ガンダムの次はこれだったのだが、今はコアなファン以外知らないよね。地球軍は最後までイデオンしかないし(ちょっと後年のマクロスに近い)。

 

あれ観てたのが80年ごろ。今は2020年、40年も前になるのね。アニメもすごい文化だよな。