aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

コロナ イマドキ

我がコロナ関連の文句垂れも、時間の経過とともに冷静になってきて、最近は流れを落ち着いて見ていられる。

 

そんななかで気になるのが経済活動で自粛ではない。ニュースで全くやってないけど、世の失業者はかなりのレベルになってると思われる。日銀の謎の株買いで、株価だけは上がっているが、経済が良いはずがない。特にレストラン、観光関連は壊滅的でどんどん壊れている。でも、ニュースは何を考えているのかこの後ろ向きな状況を絶対に言わない。

 

コロナがやれ2,000人だの5,000人だのと増えていって、それが何だというのだろう。5,000人になると人類が滅ぶのだろうか。前にコロナ会議の医者委員が同じことを言っていたが、まったく同感。別に死にゃしない病気で10,000人患者出ようが、そんなのどうでも良いことだ。

 

極論すればブラジルが正しかったのかもしれない。コロナ対応に正解はなくて、患者ゼロになることはない。いずれにしても今やるべきなのは経済を止めないことだと思う。取れるべき手は2つ。今、諸悪の根源は「酒」だと思ってるので、禁酒法でも発令し、酒にかかる商売をゼロにするべきか、あるいは何もせずコロナを風邪レベルの分類に落とすことだ。ただ、酒は政治家も大好きなんで、禁酒法は成立しないだろうね。

 

さて、日本。このままだとジリ貧。国民があまりにもひどい。政治家だけではない。国民がひどすぎる。すべてをやめて貧乏国に落ちたら、それも政府のせいにするのだろう。そしてそれも恨み言だけ言って自分の間違いに気づくこともなく滅んでいく。対策はね、自分で考えないといけないんだよ。それが考えるということさ。文句なら誰だって言える。