aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

さぁ、コロンビアに勝って

他のネタもあるにはあるんだけど、あまりに旬すぎるのでサッカーネタ再び。

 

いや~日本勝った。コロンビアに勝った。勝つとは思ってたけどやっぱり勝った。ただ、相手側に退場者が出ないとヤバかったかもしれん


柴崎ががんばってたとか、大迫が点とったとかいろいろあるけど、個人的に一番がんばってたのは吉田麻也。なんでかって?あのクソ虫ファルカオを後半がっつり止めたから。あいつ世界的ストライカーのくせにやることが汚なすぎる。あのファウルの前後(ちなみにあれは断じてファウルではない)、似たようなシミュレーション何度もやってた。世界10本の指に入るストライカーはあんなことやっちゃいかん。C.ロナやるか?メッシやるか?やらんやろ。そのむかつくファルカオを後半がっつり止めたのが吉田。インターネットの記事読んだけど、メッシ、ネイマールレバンドフスキみんなやられてたとおり、特筆すべきストライカーがいる場合は、とにかくそいつへのパスを遮断する。ファルカオが後半消えたのもそのおかげ。吉田麻也、あのシミュレーションで点取られて相当アタマにきてたと思う。それを冷静な対応に向けたのは本当にエラい。


長友も暑苦しいけど、よくがんばってたと思う。気迫が空回りするのは川島だけど、長友はちゃんと機能してる。ガチびっくりなところで止めに入ってたから周りの人間のモチベーションも上がる。クチだけの本田とは違う。


おお、この二人をGoal のクリス・ウィートリーさんも挙げてるではないか。


昨日の試合で違和感あったのは、やはり川島。前にも言ったけど、PK提供病の槙野を出さなかったのは正解だと思う。長谷部はどうかねぇ。大迫はどうかと思ったけど、それなりに結果を出してたので合格かな。


西野監督は勝負師とか言われてるけど、バクチやってるんじゃなくて、選手の状態を見抜くのに長けてるんだと思う。たとえパラグアイ戦があろうと吉田や大迫をしっかり入れてきた。本田や宇佐美はなんだろうがしっかり抜いた。長谷部、川島については、まぁキャプテンと守護神ってことで代えられなかったっぽいけど。


さて、セネガル。こちらも我が予想どおり、しっかりHグループ最強の道を歩んでる。今頃になってセネガルの強さに気づいてる輩が多いが、レアルからお払い箱のハメスと乞われてるマネ。どう考えてもマネが上でしょ。サッカー選手の旬は短いがピークを越えたハメスと今が旬のマネってこと。


昨日NHKの中継で誰かがまったく同じことを言ってたけど、まんま韓国戦術のパクリでポーランド戦は低い高さで素早く確実にかき回す。これができればポーランドは怖くない。あとはレバンドフスキへのパスを遮断すること。

 

真っ当な予想するならやはり2勝1敗だろう。ただ、これで勝ち抜けても次はベルギーっぽい。かなり楽観野郎で来てるけど、さすがに優勝はちょっと遠いかなぁと思う。