aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

フィリピン エルニドに行ってきた!

フィリピン・エルニド 何がすごいかがよくわかった

 

エルニドを知らない人は旅行感度が低い、と言い切ってしまおう。
ビーチに行きたいと思ったとき、比較的近場だとおそらく一番すごいと言われてる場所。人によっては世界で一番すごい、という方もいるぐらい。

 

アフリカ行ったり、ヨーロッパ行ったり、夏休みにやたら遠距離を動いてきた我が家だけども、結局のところ4歳のムスメに理解力があるわけもなく、初心に帰って素直にそこそこな距離のビーチにすることにした。

 

いったん大網を拡げてモルディブあたりから手元に近づけていったのだけども、たまたまクレジットカードで貯めたJALのマイルがあったので、それで行ける近場になっていった。となると、グアム・サイパン・セブにちょっとがんばってパラオぐらい。うちは静かなサイパンが好きなのだけど、行ったことあるし、今回はそっち方面は無しにして、フィリピン方面に目を移した。セブ・ボラカイ(今現在閉鎖されてるのでここにしなくて良かった!)をチェックした後、前々から興味があったエルニドもチェックしてみた。

 

エルニドは素晴らしいという情報は前々から得ていたのだけど、ここの最大の欠点は値段が高いということ。まぁ宿にもよるだろうけどセブの値段ではまったく行けない。正直だいぶ迷ったのだけど、「行かないよりは行った方が後悔しない」の鉄則に従い、気持ちどおりエルニドに行くことにした。ただし、結果的に費用はとてもフィリピンとは思えない額になった。

 

エルニドに行く一番一般的なルートはマニラに入ってその後エルニド行きの飛行機で行く。あと、エルニド空港が整備される前はプエルトプリンセサという空港が一般的だったようけどここからは車で6時間ぐらいかかるらしい。ただし、どう乗り継ごうが悪名高きフィリピンという国。なんやかやと時間がかかるので当日乗継ができない(公式に否定されている)。なので泊まりたくないのだけど空港近くのマリオットに一泊。最近トシのせいかカネのかかるホテルにも泊まるようになったけど、こんな不便な国だとマリオットさんのありがたさは随所で感じられる。タクシーのぼったくりも無いし。夫婦間のケンカを減らしたいなら高いホテルの選択肢は悪くない。

 

マニラはタクシーがぼったくりなうえに公共交通機関がクソ(本当にそう)なので、市内移動が一番アタマが痛かった。クーポンタクシーはもちろんGRAB タクシーも検討したし本数が多いマリオットの巡回バスもありがたく使わせていただいた。まぁマリオットはマリオットで大変ありがたかったけど、今回の旅の主旨ではないので割愛して、翌朝無事にエルニド空港(正確にはLIO 空港という)に到着した。

 

長くなってきたのでエルニドの詳細は次回