aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

鬼滅の刃 無限列車編を見て思うこと

映画「鬼滅の刃 無限列車編」がものすごいことになっている。

 

映画が大売れするのは重要だけど、残念ながらこの作品自体は大したことない。もともとが「無限列車編」とあるとおり、テレビ放送の続編みたいなもんで、途中感が否めないし、もちろん映画後も話は続いていく。また中身も2パートに分かれる作りで、構成も大したことはない。そもそも関係者が大物を当てに行ってないのだ。

 

なのになぜか売れた。うちもムスメがめっちゃはまってる。ヒットの理由はわからない、以上。なんてのが一般的な説明。

ちなみに僕が見たのは Netflix でTV編の宣伝いっぱい出てたから。

よって、このアニメが日本一になって、宮崎アニメを越えたというのはちょっと違う。映画「君の名は。」は宮崎越えたと言えると思うよ。でもこの映画は宮崎アニメを越えたとは吾峠呼世晴先生も思っていないだろう。

 

不思議だよねぇ。日本で一番売れた映画が、鬼滅の刃の途中の作品なんて。たぶ

鬼滅全部まとめた総集編はこんなに売れないよ。