読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

旅のキヲク① 世界の果てでオーロラを観る その1

いろんなところを旅してきた。特に結婚前は。

もちろん全独立国制覇とかいう、突き抜けちゃってる方たちには遠く及ばないけどね。

 

なるべくたくさんの国に行きたかったので、同じ国は極力行かないようにしていたのだけど、一つだけ例外があった。どこか?そうタイトルにもあるとおりオーロラ関係のアラスカだ。結婚してやめちゃったけど、11年間13回通った。

 

オーロラを観るのに適した場所をご存じだろうか?細かい場所はいろいろあるけど、大きくは

 

  • 北欧
  • カナダ
  • アラスカ

 

の3地点になる。この3地点のなかで一番オーロラが観られる場所はどこかというと、僕の経験から言っておそらくカナダ、それもイエローナイフというところだと思う。ここより少し確率が落ちて、カナダの他の有名どころ(ホワイトホース、フォートマクマレー、チャーチル)とアラスカが続く。個人的に全くおすすめしないのが北欧。もちろんそのなかにはアイスランドも入る。

 

旅行会社は北欧が好きだ。なぜかというと観られないときのツブシが効く。もともとヨーロッパは人気あるしね。でも、本当にオーロラが観たいなら、北欧はおすすめしない。イエローナイフやアラスカにはムーミンIKEAマリメッコもないけど、オーロラはある。

 

理由については、以前、HP作ってた時に解説したことがあるのだけど、北欧の沖を通っている暖流が強い関係を持っている。いきなり暖流?と思われるかもしれないが、どうも暖流の関係で雲が発生しやすいらしい。そうそうオーロラを観るときに一番大事な要素、それは天気である。多少オーロラ知ってる人なら、北欧は冬、寒くないという宣伝文句を聞いたことがあると思うが、なんで寒く無いかを考えたことがあるだろうか。それは曇りの日が多いせいで放射冷却で気温が下がらないからなのである。北米大陸はたいてい晴天率は良いが、イエローナイフもアラスカも晴れてかなり気温が下がる。冬場ならバナナで釘が打てる-30℃の世界は北米では珍しくない(北欧は平均で-10℃かそれより高いくらいぐらいだと聞く)。

f:id:Adelante:20170122225248j:plain

◎2006年ぐらいに撮ったオーロラ

 

f:id:Adelante:20170122225602j:plain◎こちらも2006年

 

そりゃぁもちろん北欧はツブシが効く。ほかでもない、僕はヨーロッパ大好き人間である。でも、本当に北欧楽しみたいなら夏に行く。僕がイエローナイフに行かないのは一つ理由があるのだけど、そのへんはまた日を改めてご説明。

f:id:Adelante:20170122230033j:plain◎ついでにこれも2006年

 

なにはともあれ、オーロラ観たいなら北米大陸をおすすめする。