El paisaje con una bicicleta

自転車のある風景(パイサヘ コン ウナ ビシクレタ) のんびりと

マイナ・ポイントをめぐるごたごた その2

マイナ・ポイント、ま、要はマイナンバーカードを作ったことによるポイント。

 

今10万円とか2万円とか言ってるやつ、あれ全部同じ手続きになると思われます。だから他人事だと思って読んでるそこのあなた、後で泣きますよw

 

今年の4月末までに作ったマイナ・カード、カード作ったら5000円が入手できる、なんてのは大間違い。5000円を受け取る箱?が要る。nanaco なり楽天edy なりpaypay なりのカードを作るのがわりと簡単にゲットできる方法らしい。ちなみにスマホやPCからでもできるというので、最初にやってみたが、超難しくて断念。

 

しかし、この辺のカードも作っただけでは振込はなされない。まずここに2万円を入れないといけない。確かにHPに一行だけ(こそっと)書いてある。ほとんど詐欺である。

 

まぁなんやかんやで、そのあたりの手続き(nanaco楽天edy 作成)はなんとかできた我が家3人。しかし、手続きを済ませても5000円は我が口座には全く入ってこない。いったいどれだけ手をかけさせるとゲットできるんだろう。そもそも私の苦労分の人件費は既に余裕で5000円を超えてる気がする・・・

 

諸事情により、うちはnanaco楽天edy に分かれた。私のnanaco は幸いセブンさんがやたらと近いので、そのセブン・イレブン様に行って、ATM機で手続きを済ました。それでも全く5000円は私の口座に移動されなかったので、うっとおしいから店員に聞いた。21時ぐらいなのにバイト店員の対応がやたらスムーズなのは、たぶん何回かやってるからじゃないのか???それで何とか私の使える口座に5000円入りました。まぢきつかった。ただ、まだ楽天edy を使ってる奥さんと娘の分が残ってるけど、まぁセブンATM は楽天さんも扱ってるから、明日はそのへんを片付けることになるっしょ。

 

なんども言うけどさぁ、10万円にもこの手続きあるよ。2000億円だかの追加予算、この小難しいシステムを使わせるための追加予算よ。税金払って、この詐欺まがいのシステム使うために2000億円、国がやってなかったら、これものすごい詐欺よ。