aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

今年の楽天イーグルスは

今年の楽天イーグルス

 

昨年は前半絶好調で後半になるにつれて絶不調になっていった。

なんか、今年も似たような感じがする。

 

スタートダッシュは確かに良かった。でも石井監督の言う通り、「まだよくわからん」というのが本当のところ。ソフトバンクとやってそれがはっきり見えた。もともと、近頃のソフトバンクは機械みたいな野球をやる昭和期の匂いがするチーム。まぁかつての広島がカネ持ったようなチーム。そつが無い。一方楽天といえば、主砲浅村からして、めっちゃ重たい。というかあれで二塁を守れるのだからすごい。んで、めったに盗塁しない。つまり塁に出ればそれはそのままストッパー。浅村がフォアボールで塁に出るとする。そのあと、シングルヒットだとその後、三連打無いと帰ってこれない。でもソフトバンクは柳田がシングルヒットで出ても当人が盗塁のうえ、シングルヒットで帰ってこれる。この差が全く違う。ソフトバンク戦の前の西武戦で、実は走れる辰巳、小深田あたりが盗塁を試していたが、ことごとく刺されていた。

あと、点が取れないときはとことん淡泊ってのも気になってる。本塁打が多いんじゃなくて、本塁打しか点を取れないのだ。この打線は今みたいに8割絶好調状態のときはいいけど、シーズンが進んで3割絶好調のときは点が入らない。

 

あと、今気になってるのは6番鈴木大地。もちろん悪い意味で。こいつが好機に流れを止めている。ソフトバンクと比べても下位打線は怖さが無いが、せめて打線を組み替えた方がいい。少なくとも今年の大地はダメっぽい。

 

ただなぁ、何をやってもソフトバンクには勝てる気がしない。というか勝つ必要があるのか?っていう気もする。あれは勝つためにすべてを捨ててるすげー殺伐とした野球だと思う。ちなみに私は子供のころからずっと南海ホークスファンだったので、もともとホークスはキライではない。でも、孫が球団を買ったあたりから、もうあまり思い入れもない。何より本拠地も九州だしね。楽天は球団創設時にホークスから乗り換えて応援してるが、ある程度マイペースでアットホーム野球ってのはそれはそれで良い気もする。今年はマー君も帰ってくるしなぁ。ただ、マー君がどんなに良い投球をしようが、ソフトバンクには勝てない気がする。それにマー君も以前のマー君ではないね。

 

ま、いずれにしても今年はユベントスも終わってるし、野球はそこそこ見る気がする。