aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

中島みゆき という人

中島みゆき は昔から好きだ。

人前で初めて歌ったのが中島みゆき「歌姫」、忘れもしない中学生のとき。

すごい選択だよなぁと今の自分ではびっくりするが、まぁそれくらい好きやったということ。

 

この人はどんどん声が太く低くなっていった。失恋の名人みたいな曲を歌ってた頃は高い声だったけどね。

 

高校あたりから世の習わしどおり、ロック系に流れて行ったので、そんなに詳しくないのだが、そこそこ聴いていたなかで、いくつか好きな曲がある。

 

「with」「あした」「HARF」「悪女」「波の上」

 

あたり。

 

この人は基本、ユーミンみたくものすごい作曲の才能は無い。詩も外すときは外す(「ファイト」みたいなやつ)。ただ、ここぞというときの曲はすごい。昔は「ホームにて」みたいな抒情派フォークみたいのが良かったんだが、今はだいぶ違って、メッセージ性の強い人生賛歌が多い。

すごいメロディーセンスじゃない分、曲に親しみやすく、声が落ち着いてるので、曲に力が出る。

 

人生賛歌系は、ドラマのシングルとしてはいいんだろうけど、ずっと良いかって聞かれると「うーん」っていう部分もあって、そういう意味では横に立ち気味で、ともに人生を歌う系の方が好きだ(当人もそういうわけでベストを出しているようだし)。そして

 まぁどっちかというと、世間の隅っこでしぶとく生きてる系の曲の方がびりびり来る。(失恋系はちょっと行きすぎのところがあって・・・)

 

そんなわけで、特に「with」かな。龍に乗ったり、子ずるく生きたりしなくても、これぐらいのさりげない脇に立ちぐらいがいいのね。

 

そろそろ引退なんて話も出ていて、それならそれでもう十分な気もする。惜しむらくは結婚されなかったことだろうけど、うーんこればっかりはね。