aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

半沢直樹 に出てくる小劇団系の役者

今はほとんど話題にすることもないけど、もともと演劇好きである。

30代ごろはいわゆる学生演劇系劇団(小劇団系?)に頻繁に行ってた。野田秀樹第三舞台大人計画、新感線、ナイロン100℃等々。新宿、池袋、下北、銀座あたりの劇場によく行っていた。

 

ってな人からすると実は今やってる「半沢直樹」はかなりツボなんである。歌舞伎組は全然わからないけど(香川照之はもちろんよくわかってます)、まず、堺雅人は東京オレンジ 出身で、といっても僕が見たときには出演してなくって、初めて彼を観たのは第三舞台系の「ビューティフル・サンデイ」だった。彼は小劇団界?では既に大物だったし、当方は、あのころは第三舞台の役者さんが見たかっただけなんだけども。

 

んで、次はちょっと意外かもね。段田安則。もちろん小劇団系好きなら意外でもなんでもないんだけど。段田安則は「夢の遊民社」出身で、実はたぶん人生で一番衝撃だった「赤鬼」(初演)という作品に出ていた。まぁ一番の狙いは当然野田秀樹だったのだけど、あの作品は円形だったので、野田ー段田ー富田ーアンガス の4人はよくそばで演技をやっていた。だから今やってる半沢直樹で一番インパクトあるのは実は紀本常務なのであるw

 

あとは、既大物の古田新太。堺君よりちょっと先だよねぇ。白ムチ。野田っちと仲が良いので、舞台で数多見てましたが、テレビだと完全な色物で、妖怪のような演技一直線だけど、新感線ではめっちゃきれっきれっの主役はってました。

 

他にも浅野和之池田成志など・・・いろいろいるのよ、この作品。さすがに目の付け所よし。ちなみに西田尚美は「ナビィの恋」で決まりです。