aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

「萩の調 煌」 を試す

仙台銘菓の「萩の月」。正確には仙台ではないのだけど、今や宮城県といえば笹かまぼこよりこっちだったりする。

 

味の方はカスタード・クリームにちょっとクセがあるのだけど、まぁカスタードクリームをカステラでくるんだもの。初めて食ったのはもうはるか昔だけど、「おー、うめー」って感じ。そういえば実家への土産でも好評だった。

 

ただ、時間も経って、「萩の月」自体にも飽きが出ている今日この頃、そもそも「萩の月」ってどんな味?って思い出しながら、ちょっと違う?いや一緒だよね、と夫婦で確認し合い、たぶんほぼ一緒なのだろう、という結論。ただ、カスタード・クリームがちょっとクセがあるので、この味に慣れてない人は美味しいと感じるだろうし、我々のようにそこそこ慣れてる人にはちょっと「?」って感じ。あ、けなしてるわけじゃない。美味しいんだが、細かく説明するとそんな感じ、ってわけ。

 

お店は東京駅グランスタの新しい部分、1F中央と北を分ける通路のすぐ北側に並んでます。あー、列が途切れて全然違うところにならんでるのでちょっと戸惑うかも。

行ったのは13時ぐらいだけど、ぼちぼち12個入りが品切れと言ってた。萩の月と萩の調のセットで売ってるやつは既にけっこう前に売り切れてたみたい。これ狙うなら早めにね。