aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

またユベントス・ネタに戻る

ユベントス う~んトレード話でもちきり。

 

この時期はそれはそれで楽しい。

 

さて、安泰だと思えたデ・リフトがにわかに揉めだし、ヴィツェルの二の舞感が出てますが、どうなりますかねぇ。代理人ライオラさんはカネの亡者で有名ですが、いちおう業界№1でユベントスは昨年Cロナでお世話になってるし、ポグバもずっとこの人。まぁそれだけにデ・リフトも簡単にはいかんですな。ラムジー、ラビオと名前のややこしい二人が無事決まって、他にも数人ある。もともとユベントスはれいの八百長事件以降、ロートルや無名の若手を拾って才能を開花させてきた。そういう意味じゃ、ムリにデ・リフトのような大物を追わなくても良い気もする。ただ、レアルみたいに数年前に獲った選手達、値打ち落として叩き売る、みたいなこともありうるので若手そろえるのも心配ではあるけども。

ただ、そう、ライオラとユーベはそんなわけで関係は悪くない。ポグバの話他これからもいろいろかかわるからお互い関係を悪くしたくないでしょう。PSGはフランスルールで解約金設定できないから、ハナから心配なしで問題はバルサですが、今のバルサネイマールグリーズマン獲るのに必死で果たして本当に競争相手になりうるのか。かなり厳しそうですよ、あっちの財布は。

 

逆にデ・リフトがダメだと、そのカネは別の選手に向かうわけです。ディフェンダーならカンテかクリバリが欲しいですが、当然どっちも売ってくれないでしょうな。あえて目先を変えて、FW狙いでいくのも手。ちょっとニュースに出てるルカクは良いと思います。イカルディ向けのフェイクなんて話もありますが、たぶんロナウドカラーのチーム体制になってるなかで、点取り屋はその空気に染まらない人が一人必要だと思えるんです。かつて僕の見たバルサの試合は不幸にして両方メッシが出てなかったんですけど、そのときのバルサはまるで昔の日本代表で、ムダにパス回して全然点取れそうな感じが無い。正直みんなバルサを持ち上げすぎです。うち一試合はあのネイマールスアレスとメッシがいないなか一人で奮闘でしたが、彼はテクニックはすごいけど、メッシのようなボスじゃない。これ昔見たレアルでもそうで、銀河系軍団でロナウドロベカルフィーゴ、ラウル、ベッカムとそうそうたる面子がそろっていてもボスになれるのはジダンだけだったのです。おっと話がずれた。言いたいのはロナウドカラーに関係なく影響受けることなく点を取りに行けるメンタルを持った人が欲しいということ。今年の後半はみんなロナウド組になってた。ルカクは技術はも一つかもしれないけど、そういうメンタルがあるような気がする。これけっこうレアで、ネイマールグリーズマン、ムバッペにも無い気がする。イカルディはそういう素養ちょっと感じるけど、ヨメさんなんとかして。

 

あとはMFですかねぇ。ほんとはイスコ欲しいっす。でもレアルはユーベに対しては冷たい。PSGは金欲で楽したくてケガしたくない選手が行くところなんで、そんなところに心ある選手を絶対送りこんでほしくないですが、ムバッペ欲しさに平気でそれをやろうとするレアルの感性を疑います。ポグバはレアルにかっさらわれた場合、おそらく放任主義レアルではダメだと思うので、ま、本人がアホだったであきらめつきます。彼の場合在籍経験のあるユーベですら今度はダメかもしれないっていう不安はあるぐらいで。エリクセンでも良いような気はするんですけど、あまり話題に出んよなぁ。どっちか獲れたらもちろんポグバは要らんですけども。

 

ま、ほんとに欲しいのはメッシとデ・ブライネなんですけど。デ・ブライネ絶対出さんやろーなー。