aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

八景島シーパラダイスに行ってきた

八景島に行ってきた。といっても初めてじゃないんだけども。

うちの奥さんと娘は海の生き物が好きなので、水族館系はわりと好きだ。なかでも動物との距離が近い八景島はわりとお気に入り。ダンナをおいて年間パスポートまで作ってる。土曜日は天気は良く、寒さもほどほど。でも春休みにちょっと早いせいか今まで行ったなかで一番すいていた。

 

八景島の目玉というとよく考えられたショーとふれあいラグーンだと思うのだけど、今回は前回あまり時間を取れなかった アクア・ミュージアムでしっかり時間を取った。いわゆる水族館本体ってやつ。ここでの一番のみどころはやはりlabo5 ?というのかな、大水槽。東日本に一頭だけだったジンベエは死んじゃったみたいだけど、サメやイワシの回遊など海の1シーンを1大スクリーンのように見ることができる。

 

ここの4階でショーはやってるんだけど、今回はMr.マリックをネタにマジックショー。行くたびに趣向を変えていろんなショーを見せてくれる。海の動物もよくついてきてる。すげー努力してると思う。

 

ふれあいラグーンは人が少なかったせいか、いままでトライできなかったシロイルカのおでこタッチを体験。イルカの肌って思ってるより硬いんだけど、シロイルカのおでこは脂肪の塊だそうで、とってもぷるぷる。ガタイがでかいのでイルカのように機敏には動けないけど、アタマも良くってなかなかポイント高い生き物。今回イルカの方はあんまり時間取れなかったけど、ムスメは水槽で動きをじっと見てました。

 

フードコートもすいていて、晩飯まで食って帰ったのだけど、和食レストランはお客うちらだけ。まぁ夏はずっとお客さん多いだろうから、1月~3月の春休み前はねらい目なのかもね。あ、写真は後で添付しよう・・・