aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

銀座はスィーツ国内№1!!

銀座勤務なのだけど、


銀座は日本一のスイーツ天国で、特に洋菓子について錚々たるお店が立ち並ぶ。銀座に日本一号店を出すのはH&M じゃないが、戦略としていけてるのでしょう。おかげで、銀座勤務のワタシは国内の最旬スイーツが食べられる。


特にチョコレートに関してはまさに日本一で、丸の内界隈まで入れれば舶来?高級チョコレートはほとんど買える。ピエール・マルコリーニジャン・ポール・エヴァンラ・メゾン・デュ・ショコラも国内では辻口のル・ショコラ・ドゥ・アッシュも、まぁすべてとは言わないけどトレンドの最先端を突っ走れる。おカネはいくらあっても足らんけど。


洋菓子に比べたらちょっと弱かった和菓子も銀座SIX のおかげで、京都が誇る辻利と中村藤吉をひっぱってきた。和菓子についてはもともと「空也」はあるものの、ぶっちゃけ京都に負けると思えるので、なんちゃってじゃない京都を引き込むことは重要。加えて銀座有楽町界隈はもともとアンテナショップ天国で昨日紹介した「通りもん」とか「萩の月」みたく県内でしか売らないポリシーある(と言いつつ、三越松屋で買えることもある)やつ以外のお土産はたいてい手に入る。げに恐ろしきは銀座、なわけだ。日本一のデパートとして名高い伊勢丹新宿店も良い店は入ってるが、銀座全体の底力には遠く及ばない。

 

特にチョコに関してはすごい。
当方、一粒ン百円のチョコについては、さすがにそうそう手は出ないのだが、ガトーショコラ系はそこそこ買える(それでも高いが)。松屋でKEN'S CAFE のガトーショコラが買えるのをご存じだろうか?ショコラ・ストリートは最近ピエールさんのみでさびしい状況だが、別にショコラストリートでなくても、リンツデルレイのようにそれぞれ思い思いに店を出してる。


ケーキについては、イデミスギノが鉄板で、あとは値段は庶民的じゃないが、雰囲気は庶民的なキルフェボンも鉄板。エツキツ(越吉)元帥じゃないエスキス・サンクも最近貧乏で手が出てないが、そのうち試してみたい。東急プラザは、まだ全然行けてないが、いろいろ新しい店があるようなので、ここもおさえねばならんところ。

 

中村藤吉っつあんの「生茶ゼリイ」は名前はちょっとふざけてるが、昨日も言ったとおり、テイクアウトの緑茶系のスイーツとしては最高傑作じゃなかろうか。今どきの世界常識甘さ控えめで、飽きのこない味。値段もまぁ洋物よりは安い。これが(売り切れてなければ)いつでも買えるのだから、そりゃもう京都行かんでいいでしょう(笑)実は銀座店のカフェにはまだ行けてないので、そのうち行きたいもんです。

 

いやーあらためて考えても、洋菓子も和菓子もスキなし。
まぁなんせ銀座はすごい。今の会社に入って一番良かったこと・・・・銀座に本社があること!おかげでお金が無くなるのと、お腹が出てくるのが困りもの。