aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

日本の観光資源は

日本の観光資源は世界一かと。

 

メシが美味い。

観光は東京は大したもんないけど、西日本は京都をはじめとしてそれなりのもんが。

おまけに今のところ世界屈指の安全国。しかも国際競争力低下で物価も下がってきた。

 

では、なぜ今まで誰も日本に来なかったか。

それは日本人が自国のすばらしさをわかっていなかったから。

面白いエピソードを。

昔、英語の授業を先生の自宅に受けに行くというサービスを利用していた。その人、西海岸育ちのアメリカ人だったのだけど、「日本の料理は味がしない!」とのたまわっていた。日本人は長らく白人=神だと思っていたから、白人がそういえば、「ハンバーガー」=神であって和食=クズ。いまだにニューヨークから来るお店が鳴り物入りで紹介されているのだから、あきれかえる。正直、アメリカに教えることはあっても教えられることは何もない。何度も言うが日本は食事の美味さに関しては、世界一である。そうそう最近トルコ料理だけは別格扱いしているという人の話を来たことがあるが、トルコ料理など僕から言わせれば世界三大というのもおこがましいクソ料理である。なんにでもヨーグルトかけるだけで、味に深みが無い。トルコ料理で美味いと思ったのはファーストフードにしたケバブぐらいだ。要はそれをちゃんと世界にアピールしないから評価が低くなる。話は逸れるが、韓国料理も相当なレベルだと思う。だが、超有名な世界都市を除いてはなんちゃって日本食の店を韓国人がやっている。韓国料理は十分世界でやっていけると思うので、ちゃんと韓国料理の店をやればよいのに、と思う。

これは食事の話なのだけど、観光にしたって、スケールでは世界規模にはかなわないけど、たとえば京都の紅葉などあれに匹敵できるような繊細で優美な美しさなど世界にはない。なぜ日本に観光客が来ないかといえば、世界に全くアピールしていないから。昔、スペインの田舎町に1ヵ月ほどホームステイさせてもらったが、日本人の留学生を何人か受け入れてるにもかかわらず、日本について知っていたのは「東京」「金持ち」だけだった。引きこもり日本人の皆さんは冗談だと思うかもしれないが、日本は「フジヤマ」も「ゲイシャ」も知られていない。そんな国にだれが高い金を払ってくるだろうか?うちら日本人だってトルクメニスタンアルメニアに金出して観光に行くか?そこに地獄の門というすごい観光資源があるとしても、知らなければそれまでである。

 

日本は観光客が増えたなどと喜んでいるのではなくてさらに観光戦略を積極的に打ち出すべきだ。観光者、観光収入世界№1になってもおかしくない。なれないのは単に努力が足りないだけ、である。