aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

ワールドカップが終わって

ワールドカップが終わった。

 

ということで、ワールドカップがらみのネタはこれが最後かな。ワールドカップでそれらしいこと書いてるとえげつないネタが書きづらくて困ったw

 

結局フランスの優勝。決勝戦の組み合わせ含めベスト4直前で予想したとおりの結果になった。日本戦も良い予想できたし、全体的にそれなりにわかった予想してたでしょ?
それにしても今回はジャイアント・キリングが多くて予想しづらかった。まぁジャイアント・キリングと思ってるのは欧州の人だけで、これだけ頻発していたことを考えるとほんとはすでにジャイアント・キリングではないのかもしれない。データサッカーが確実に従来の価値観を壊してたと思う。

 

日本は本当によくやった。れいの一戦を除いては、変に守備に偏ることもなく、何よりパスをしっかり通してた。パスの通し具合や左右の切り替えの的確さはクロアチアに負けてなかったと思う。セネガル戦あたりはウソのように香川へのパスが通って、びっくりしたもんだ。6人入れ替えなんていう暴挙をせずにやってたら、トーナメント別山で本当に決勝まで行ったかもしれんと思う。まぁ今後は選手層の充実でしょうな。あとは無限大に言われているFWの点取り能力。

 

今回のワールドカップはクロアチアの三試合連続延長戦を見てもわかるとおり、実力が拮抗していた。正直、クロアチアの最大の功績はロシアをつぶしたことだろう。どのチームも完全アウェーのなかで、PK戦とはいえ倒すのはイングランドとやるよりキツかったろうし、それは実力的にはクロアチアより上だったろうが、チームワークが中途半端で負けたスペインが証明している。

 

結局事実上の決勝戦はベルギーとフランスだったと思う。実力を冷静に考えて、フランスと対抗できたのは、ベルギーとブラジルだけだろう。ブラジルとフランスの試合も見てみたかった気がするが、どうしても個に頼っていたブラジルでは勝つことは難しかったかもしれない。さらにクロアチア戦の後半で見せた縦パス一本の放り込み⇒エムバペ・シュートの流れはわかっていても止めるのが至難。

 

今回、不幸にして敗れたけど、場を盛り上げたのはモロッコスウェーデン、ロシア、日本に一戦のみだが韓国だろう。ロシアはホームというアドバンテージを加味してだが、どのチームも一歩間違うと決勝まで行ったかもしれなかった。

 

次回大会はヨーロッパ勢がどこまで現実を認識するかだが、今回のようにベスト4がすべてヨーロッパ勢だったことを楽観的にふまえてくれるなら次回も同じことが続くかもしれない。そう、もっと劇的な結果を伴って。日本もトップまでいける目がある。そろそろ連中だけに仕切らせるのは終わりにしようや。

ワールドカップ 決勝戦を前に

フランスとクロアチア

 

3回ぐらい前の投稿だったかな。

ほんとはイングランド行きそうではらはらしたんだけど、やっぱりクロアチアはやってくれた。イングランドも調子上げてたけど、なんつーかクロアチアには魂があった。予選から一貫してね。よってまっとうな予想通りフランスとクロアチア

 

まぁPK戦もそれなりにあったように、決勝トーナメントに出てくるチームの実力は拮抗していた(予選リーグもそうだったが)。今思うとOZに苦戦したフランスとか「調子出てなかっただけね」、とも思うけど。

 

今大会はほんとうに参加チームの戦力差が少なかった。明らかにレベルが低かったのはパナマぐらい。予選敗退が納得できないモロッコはじめ、OZ、チュニジア、韓国など上にいってもおかしくないチームが目白押し。基本的な戦い方はみんな共通。相手のエースを封じ込め、全般守備を固め、カウンターで点を取る。

 

ただ、この戦い方は見ていて面白くない。フランスがベルギーにやったように王者系のチームがこれを露骨にやると見苦しい。ドイツやスペインがパスサッカーで敗れて行ったけど、対戦相手に恵まれたとはいえイングランド、ベルギーやクロアチアの戦い方は見ていて納得いくもので、勝敗は別にして、素晴らしいチームだった。(そしても日本もあの一試合以外はこの区分に入る。)

 

ベルギーとイングランドは、今更どうでも良いかもしれないが、気持ち的にはタレントぞろいのベルギー。たまたま昨年両国を旅したのだけどね。これからやる3位決定戦はつまんない守り合いじゃなくて気持ちの良い試合を見せてほしい。デ・ブルイネ良い選手だよね。ユベントスに来てくんないかなw

 

そして、クロアチアとフランスは当然クロアチアに勝ってほしい。だが、実力はもちろんフランスが上。カンテもすごいが、エムバペおさえてもグリーズマンがいやらしい仕事するし、そのうえポグバもいる。ディフェンスもバランにバルサの気鋭ウムティティ。GKはロリスで鉄板で、もうベルギーから何人か借りた方が良いんじゃないかというぐらいクロアチアの分は悪い。でも、もうここまで来たら魂なワケっすよ。満身創痍だろうがなんだろうが、モドリッチマンジュキッチも頑張ってほしい。W杯の新しい歴史を刻むためにも、クロアチアは優勝しないといかん。

歓迎!クリスティアーノ・ロナウド

今さらであるが、当方ユベントスファンである。

 

ユベントスファンの望むもの。セリエA7連覇中なので、8連覇を望む?いやいやそれはもちろんだけども、ほんとの希望といえば、CL制覇に尽きる。

 

そして、その制覇を阻んできたのが、ほかでも無いレアル・マドリークリスティアーノ・ロナウドだったわけだ。

 

そもそもユベントスはけっこういやらしい移籍をする。要は敵側から選手を引き抜くのだ。ピルロをはじめとして、イグアインピャニッチなど、目下の宿敵から戦力をそいで自軍の戦力とすることで相乗効果2倍を達成してきたわけ。んで、今回はCLの宿敵からガンとなっていた戦力を引き抜くことで相乗効果2倍。CL制覇は近付いたかもしれん。

 

そりゃ、C・ロナはトシだし、もうあと何年も無いだろう。でも今のユーベにとっては一回でいいのだ。このどうしても届かないCL制覇を成し遂げるために。最近ちょっと懐疑的とはいえディバラも出さずに済んでる。エムレ・ジャンも来るし、次シーズンもいろいろ楽しめそう。ただ、勝者の余裕かもしれんが、セリエAスクデットはそろそろナポリあたりに譲った方が良いかもしれん。セリエA全体の発展のためにも。

 

ユベントスは一度トリノのスタジアムまで行って、ダフ屋チケットで入れなかったことがある。C・ロナ見るために今度はちゃんと正規チケット買って見に行くかー

 

 

ワールドカップ 日本よくやった!だいぶ時間が経ったけどこれからの展望

気が付けば日本はだいぶ前に負け、その日本を破ったベルギーが昨日ブラジルに勝った。

 

まず日本代表、すでにみんな言ってるがよくがんばった。たとえ1勝しかしていないとしてもあんたらはよくやった。勝負師が自分に酔っちゃったのか6人変更が最大の疑問符だったけど、とにかくベストメンバーでの試合は気持ちよかった。

 

キーパーの川島はみんなが言う通り、代えた方が良いという気持ちではあったけど、果たしてパラグアイ戦で良かった中村がそれ以上のパフォーマンスを見せられたかどうかはわからない。武藤はみんな期待していたと思うけどさっぱりだったし。まぁ敗因を挙げるといろいろあるけど、それでもこれまでのワールドカップと比べると数段良かった。年寄り組は今回で去るわけで、次回のワールドカップではフレッシュな顔ぶれでぜひ8強突破をお願いしたい。西野監督はすごいところと「?」な部分が混在していて、ちょっと安定感に欠けるところもある。最後の5分間もそうだったけど、自分に酔っちゃうのが悪い癖。

 

さて、よくやった日本代表はこれぐらいにして、ワールドカップのこれからの展望。今夜でベスト4が出そろうわけだけども、とにかく読めないのがスウェーデンとロシア。どちらもチームがよくまとまっていて、かたや地元開催の利を享受できるロシア。何で勝ってるのかよくわからんスウェーデン。特にスウェーデンはベスト4ぐらいになると、どこまでこのサッカーが通じるのか興味がわく。この2チーム、優勝候補じゃないんだが、優勝するかもしれない勢いがある。

 

さきに決まってる方から言うと、ベルギーとフランスはもちろんベルギーが好きだし、ブラジル撃破は偉業。あれ、これというインパクトもなく勝ってしまったのはベルギーの研究勝ちのように思う。ただ、フランスはブラジルと同等かそれ以上に強い。昨日のエムバペはウルグアイがよく研究して、それほどでもなかったが、代わりの選手ががんばっていた。フランスに穴があるとすればヴァラン1枚のディフェンスとジルー?ベルギーさんは次も難敵だがよく研究して撃破してほしい。ただし実力はフランスの方が上のように思う。

 

さて、もう一つのゾーン。何も考えなければクロアチアイングランドを破って決勝進出!なのだが、そんなわけで、ロシアとスウェーデンは全く侮れない。ロシアかスウェーデンの決勝進出も十分ありうる。そもそもクロアチアはあの絶対アウェーの状況で勢いのロシアを崩せるか疑問。前回もPK戦だったし。ちなみに全く触れていないがイングランドも弱くはない。このチームの穴は中盤だと思うが、まぁコロンビア戦勝ちも順当なところで、一般人アンケートとか取るとこの山の勝者はイングランドなんだろう。

 

勝戦の予想としては、一番冷静にありそうなのが、

フランス VS クロアチア で フランス優勝

 

個人的希望と大穴を組み合わせると

ベルギー VS スウェーデン で ベルギー優勝

 

というところ。まずは今晩どうなるか。楽しみ~!

 

そしてまた寝不足。

 

 

 

 

 

 

ワールドカップ さぁベルギー戦!

あー、起きてしまった。

明日大変だ・・・

 

もうここまで来たら見るしかない。

ベルギー、もう言うまでもないけどめちゃめちゃ強い。

きっとゲームでやったら問答無用でボコられるレベル。

 

おまけにコンパニまで復活だぁ?

アホやろ

 

しかし、今大会、選手個人でのデータでは測れない結果がたくさん出てる。ここだけが日本の拠り所。コンパニは故障明けでハメスみたく本調子ではないことを祈りたい。もうそんな真っ当な予想ではどう考えてもベルギー有利なんだから。

 

ベルギーにもし弱点があるとしたら、ディフェンスだろう。それも中盤や攻撃陣と比較して、という意味で。当然当たり前のことだが、先制点は絶対に与えてはいけない。開始15分ぐらいは一つのヤマだ。最後はPK戦でもいいから、相手に得点させず最後までひっぱる。これがもし勝てるとするなら一番ありうるパターン。そして、ベルギーはタレントぞろいと言っても、ブラジルのように常勝軍団ではないので、状況次第ではドツボにはまる。スペインと同じようにね。これに期待しよう。幸いスタメンは日本の最強メンバーだ。セネガル戦のようなパス回しがはまればどんな敵にだってそれなりに戦える。

 

サッカーは11人でやるスポーツで、本当にやってみないとわからない。繰り返すが選手の個人データでやるものではない。そこに勝機がある(と思いたい)

ワールドカップ、ここまでの戦いから優勝予想再び

いや~、ワールドカップ

 

予想がどんどんはずれます(笑)

 

優勝候補においていたドイツは既になく、スペインもさようなら。無いと思っていたアルゼンチンとポルトガルも同日で消滅。実に、むずかしいワールドカップ。

 

今回のワールドカップを見ていると、何度も言ってることだけど、研究がすごい。弱い国が強豪国を調べ上げて、それを油断こいてる強豪国が足元すくわれてる。今やってたブラジルぐらいな鉄板の戦い方ができないと強豪国といえども勝てない。

 

残ってるなかで、要注意なのが、スウェーデンで、なぜ勝ってるのかわからない(笑)デンマークですらエリクセンがいたのに、スウェーデンはなぜ勝てるんだろう?あと、スイスがどういった負け方するのかもわからん。もっともこの2チームはこれから戦うので、どちらかは消えるわけだけども。

 

そして、もう一つ危険なのがロシア。さすが開催国は強い。会場全体がロシアファンだと、こないだ負けたスペインもさぞ戦いづらかっただろう。ロシアは強いが、実力以上の力が出ている。正直スペインだとつらい感じがしていた。次のクロアチアにがんばってもらうしかない。しかし、あの環境下でロシアを止められそうなのはブラジルかフランスぐらいしか無いような気もする。

 

実際のところ、決勝トーナメントはさっき終わったブラジルーメキシコ以外すべて実力伯仲。今大会は初優勝国が出ても全くおかしくない。

 

ここまでの戦いをふまえてもう一度優勝予想を出すなら、

◎ブラジル

〇ロシア

△ベルギー、フランス、クロアチア

 

となるだろうか。あかん、だいぶ鉄板な予想になってきた(笑)

 

 

 

 

ワールドカップから離れて。アフリカに鹿はいない?

今日はサッカーとは全く関係ない話題

 

いきなりだが、アフリカのサバンナにはたくさんの動物がいる。

象、キリン、サイ、バッファロー、ライオン、チーターなどなど。

では、アフリカでシカって言ったら何を思い出す?

 

 

思い出さないでしょう!

 

などという突っ込みを入れる気は毛頭ない(笑)。

典型的シカがいるからだ。まずインパラ、そして現地行った人なら掃いて捨てるほど見たであろうガゼル、ディグディグ、大きめならウォーターバック、オリックス、トピなどなど。

 

しかし、この答えは正確ではない。実は上に挙げたいかにも鹿らしい動物はみんなウシ科の動物だからだ。以前南アフリカ方面に行ったときにエランドがウシ科の動物だと聞いたことはあったが、実はアフリカのサバンナにいるシカっぽいのは全てウシだったということを今日たまたま知った。

 

ちなみにアフリカではない、アラスカにいるシカっぽい動物、大物だとカリブー(トナカイ)とムースってのがいるんだが、勝手な解釈でカリブーはシカでムースは実はウシだと思ってた。もう完全に見た目から判断ね。でも、実はこれも間違ってた。カリブーがシカなのは正解なんだけど、ムースもシカ。

 

んで、シカかウシかを見分ける一番簡単な方法は角が枝分かれしてるかどうか。そう言われてみると確かにアフリカの鹿系の角はインパラみたく曲がりくねったりしてるのはいるけどどれもすっきり一本で枝分かれしてない(正確にはそれが2本生えてるわけだけども)。逆にムースは確かに枝分かれしてる。

 

ちなみに奈良公園のシカはもちろんシカです。ウシではありません。

 

でもさぁその感覚で行くと、実はユニコーンってウシなんでは???もちろんウシでもシカでもない聖獣さんですけども。