aquí,allí -秋味-

アキ・アジィ 「ここに、あそこに」というスペイン語。無理やり日本語の秋味にしてしまいました。旅行がとっても好きでアート系もそれなりにうるさいおじさんです

偉大なる中国

イエス・キリスト

始皇帝

太公望

マホメット

カエサル(シーザー)

孔子

 

これを古い人から順位づけるとどうなる?

 

答えは 1.太公望 2.孔子 3.始皇帝 4.カエサル 5.イエス・キリスト

6.マホメット

 

となる。世界史を取ってた人ならわかるんかねぇ?けっこう難しいと思うのだけど。

なんでいきなりこんな問題出したかというと、しばらく前に、イエス・キリストより孔子の方が古いって話を聞いて、もちろん即答できるぐらいのデータを知ってたのに(宮城谷先生のおかげ)、それを聞いたときとてもショックだったのです。もっとすごい太公望はなんと紀元前1000年!ローマ帝国なんて影もカタチもありません。

 

ローマがらみで言うと、有名な「ザマの会戦」というやつ。象で有名なカルタゴハンニバルとローマのスキピオの戦い。ま、スキピオさんが勝ってローマの地中海での覇権が確立されるわけなんだけども、これが起きたのが紀元前200年ごろ。これとほぼ同じ年代が始皇帝さんだけども、兵力の動員数が全く違う。ザマの会戦はお互い10万人弱だと言われてるけど、秦国単独60万楚国攻めとか有名な長平戦での趙軍40万生き埋めなど、ケタが一つ違うんである。おまけに中国軍には太公望だの孫子だの韓信だの凄腕の軍略家が数多ごろごろ。当時の中国からしたらローマ帝国の戦いなんて辺境の小競り合いぐらいなもんだったかもしれん。

 

今の中国の政体がろくでもないとか、それは当然としても、やっぱり中国偉大だとしみじみ思う。結局この中国が無ければ日本はもちろんその周辺国すべて今の姿は無い。中国の中華思想は決して誇張ではないし、古さではメソポタミアさんに一歩譲るのかもしれないけど、スケールにおいても世界一なレベル。たとえどんなに中国をキライになったとしてもそれでも彼の国への敬意は失ってはいけないと思う。

白人のしてきたことと、それを受け入れる側の考えは

世界の果てでどこからも顧みられてなく、その国の果てでほとんど誰からも顧みられてないという立ち位置を利用してブラックにつぶやきます。ま、いつもそうですけど。

最初に言います、すべてのキリスト教信者の皆さんごめんなさい。これはキリスト教の中身がどうというより、その歴史的な流れを言いたいのだとご理解ください。

 

某黒人映画を見ていてふっと思った。

 

黒人の権利を主張しているこの人たちの神はキリスト教だ。つまり、白人から押し付けられた神だ。南米でも同じようなことを思ったことがある。インカの民が話しているのはスペイン語だ(ま、ケチュア語なんてのもあるが)。自分の国を侵略した国の言葉でコミュニケーション取ってる。

 

日本はどうにかこうにかでも、征服されなくてよかったと思う。昔の人はよく頑張ったと思う。戦国時代以降のキリシタンの方にほんとに言ってやりたい。大友さん、高山さん、ガラシャさん、当時はイケてるアイデアだとありがたがってたのかもしれないけど、その宗教は仏教よりずっとタチが悪いですよ。本当にその当時のキリスト教および白人がやってきたことを聞いても信者でいられましたか?テロリストとは別として、イスラム教の方が立ち回りとしては数段マシ。まぁその寛容さが後でエルサレムみたいな問題を起こしちゃうんですけどね。キリスト教はものすごく排他的でものすごく征服欲が強い宗教。

 

みんなわかってるくせに自分の問題となるとわからなくなること。

「正義が勝つのではなくて、強いものが勝つってこと」

たとえば日韓の問題にしたって、ポイントはどちらが正しいかではなくてどちらが強いかってこと。いや、この場合、どちらが勝つために本気で戦ってるかってことか。従軍慰安婦にしたって、日本が正しいから勝つって思ってる日本人がまだまだゴマンといるように思えるのだけど、勝つのはどっちが正しいかじゃなくて、世界を味方につけた方。そういう意味で韓国の立ち回りの方が正しい。なんにもしてないくせに「日本は世界の模範国だから最後はみんな日本の味方になる」と本気で思ってる日本人のなんと多いこと。

 

おっと今日は日韓の話したいんじゃない。

キリスト教だってもともとはただの新興宗教麻原彰晃がキリストに自分を比していたとか言うけど、新興宗教の親玉としては、まったくもって似ている。キリスト教はできた当時は完全な新興宗教。迫害されてたことだって似ている。

それはおいといて、一つ大事なことはイエス・キリスト自身は別に世界の教祖になろうとは思ってなかったってこと。キリスト教の前にも宗教はあるし、後世、ほんとうにたまたまのし上がってしまっただけだったりする。キリスト教ユダヤ教からネタ取ってきてるし、ユダヤ教にせよだいぶ後発のイスラム教にせよ、ゼウスっていう一神教をあがめるのは一緒。んで、そのゼウスは古代ギリシャあたりから来てるっていうし、さらにさかのぼってエジプトの方にまで?アッシリアゾロアスターからもパクッてる部分があるとも聞いた。話がずれてきたけど、何が言いたいかっていうと似たような宗教からたまたまキリスト教が抜け出して世界に拡がったってこと。キリスト教だけが世界の唯一正解なわけでは絶対にない。キリスト教が広まったこと理由の一つに、特に植民地エリアにおいては、ただただ武力に優れていたからに過ぎない。だから、アフリカルーツの人たちがキリスト教を押し付けられて信じなくても、アフリカオリジナルの宗教を(ブードゥーもオリジナルとはいえないのか?)、もっと打ち出しても良い。いや少なくとも征服者の宗教を信じる必要は無いと思える。

 

関係ないけど、日本って歴史的に国際問題に関しては数は少ないけど、よくがんばったなぁと思う。太平洋戦争はちょっとアレ過ぎたかもしれないけど、あと倭寇ってのも日本人はあまり話題にしないけど、ただの海賊であんまり良くないんじゃない?そう、あと大事なこと、韓国(というか朝鮮半島か)の方にはやっぱり申し訳なかった。秀吉の件も含めてね。

日本の観光資源は

日本の観光資源は世界一かと。

 

メシが美味い。

観光は東京は大したもんないけど、西日本は京都をはじめとしてそれなりのもんが。

おまけに今のところ世界屈指の安全国。しかも国際競争力低下で物価も下がってきた。

 

では、なぜ今まで誰も日本に来なかったか。

それは日本人が自国のすばらしさをわかっていなかったから。

面白いエピソードを。

昔、英語の授業を先生の自宅に受けに行くというサービスを利用していた。その人、西海岸育ちのアメリカ人だったのだけど、「日本の料理は味がしない!」とのたまわっていた。日本人は長らく白人=神だと思っていたから、白人がそういえば、「ハンバーガー」=神であって和食=クズ。いまだにニューヨークから来るお店が鳴り物入りで紹介されているのだから、あきれかえる。正直、アメリカに教えることはあっても教えられることは何もない。何度も言うが日本は食事の美味さに関しては、世界一である。そうそう最近トルコ料理だけは別格扱いしているという人の話を来たことがあるが、トルコ料理など僕から言わせれば世界三大というのもおこがましいクソ料理である。なんにでもヨーグルトかけるだけで、味に深みが無い。トルコ料理で美味いと思ったのはファーストフードにしたケバブぐらいだ。要はそれをちゃんと世界にアピールしないから評価が低くなる。話は逸れるが、韓国料理も相当なレベルだと思う。だが、超有名な世界都市を除いてはなんちゃって日本食の店を韓国人がやっている。韓国料理は十分世界でやっていけると思うので、ちゃんと韓国料理の店をやればよいのに、と思う。

これは食事の話なのだけど、観光にしたって、スケールでは世界規模にはかなわないけど、たとえば京都の紅葉などあれに匹敵できるような繊細で優美な美しさなど世界にはない。なぜ日本に観光客が来ないかといえば、世界に全くアピールしていないから。昔、スペインの田舎町に1ヵ月ほどホームステイさせてもらったが、日本人の留学生を何人か受け入れてるにもかかわらず、日本について知っていたのは「東京」「金持ち」だけだった。引きこもり日本人の皆さんは冗談だと思うかもしれないが、日本は「フジヤマ」も「ゲイシャ」も知られていない。そんな国にだれが高い金を払ってくるだろうか?うちら日本人だってトルクメニスタンアルメニアに金出して観光に行くか?そこに地獄の門というすごい観光資源があるとしても、知らなければそれまでである。

 

日本は観光客が増えたなどと喜んでいるのではなくてさらに観光戦略を積極的に打ち出すべきだ。観光者、観光収入世界№1になってもおかしくない。なれないのは単に努力が足りないだけ、である。

海老蔵さんの好きになれないところ

海老蔵さん、普通の常識人として昔から好きじゃないけども、ここ最近の動きももちろん好きじゃない。

 

うちのヨメさん言ってるけど、小林麻央の病気の原因作ったのって海老蔵じゃないのかしら。イマドキの重病の原因の多くをストレスが作ってるとしたらね。この人わかってんのかねぇ。

あと、ブログもちょっと気に入らんのよね。これは海老蔵だけじゃないけど、あの夫婦なんのために闘病ブログずっとやってたのかしらん?しかも英訳までして。

ガン患者を元気づけるため?ほんとうに元気になるのかどうかはよくわからんけど、心のひねくれてるワタクシとしては、「俺たちみたいな超大物ビッグがブログやってやれば、下っ端庶民どもは這いつくばってありがたがる」ぐらいの本音が見えるんですけども。そうそうワタクシ、過去に重病度100%の病気をやって、昨年だか同じ病気の芸能人死にましたけど、その人の厳しくなっていく経過をたまにネットで見るときは、ほんとに頑張ってほしいと思ってました。別にそんな飾りもしないし、なんとか立ち回って生き延びたいってのがすごい感じられた。でも、海老蔵夫妻のはなんか違うですよねぇ。

 

しかも、奥さん死後のコメントがいちいち鼻につく。「このスーパースターな俺がこんなに不幸なんだぜ、それって超超かっこよくな~い?」ってのがすごく見える。さすが役者、悲劇のヒロインを演じてますな。どうせ、彼は早晩何事もないように再婚するでしょう。それもきれいごとでまとめることでしょう。これまでもそうであったように。

 

なんかすべてにおいてウソくさい。精神異常じゃないかと思うぐらいそれが素にはまってる。この人はそんな方ですよねぇ。

one drive のタチの悪さ

Windows 10 は目立たなくて使いやすい。今やマイクロソフトに期待するものは特になくって余計な事をせずに常駐してくれてればいい、そんなOS。ただ、そんななかで、ひときわ目障りなのが one drive

 

one drive って普通に削除とかできないんだよね?最初から全く利用する気もないのだが、勝手に写真をバックアップ始めてすぐ容量オーバーのサインが出てきて、「容量を追加購入しろ」とストーカーのように毎日延々メッセージを出し続ける。うっとおしいから削除しようとしてもできない。

 

社運をかけて出したOS にしては、あまりにもド汚い商売。南場智子やスクエア・エニックス(わかる人にはわかるかと....)ぐらい腹黒い。ネットで検索してもこいつで苦労している人はけっこう多いみたいだし、なんでこんなイメージを悪化させるようなもんを組み込んだんだろう?

 

ずっとヒステリックに容量オーバーのメッセージを流し続けた後、最近やっと勝手に機能停止してくれて、これでおさらばかと思ったら、PC立ち上げるたびに「one drive に機能不全があります」みたいなメッセージが出てくるようになった。どこまでユーザーにストレス与えたら気が済むのかね?どれだけ企業としての好感度を下げてるか、まわりまわっていずれ自社のクビを絞めないと良いですけど....

ロンドン・テロ続発中

先々週にベルギー・ロンドンから帰ってきた。

 

なぜ、国名と都市名なのかというと、ベルギーがメインでロンドンがおまけだったからだ。当然ながら自分なりのテロ危険評価をしてでかけたわけだが、一番危ないのはロンドンだと思っていた。ただ、それにしたって、こんな至近でテロが起きるとは思ってなかった。

 

自爆テロ真っ盛りなパキスタンイスラエルあたりも行ったことはあるので、それぐらいでびびったりはしないが、ロンドンとパリはここんところのもっともテロ危険度が高い都市だと思う。

 

テロリストも自分の命かけてテロをやる以上、やった際のインパクトの高い都市を選ぼうとするだろう。そういう意味で日本はかなり安全だと思う。ブリュッセルも何年か前にテロ事件があったし、テロリストの巣窟だとも言われているが、行ってみてつくづく思ったが、あの国は弱小国で人当たりがやわらかいし、国に殺伐感が無い。あれはテロを起こしたヤツのピントがずれてただけではないかと勝手に思う。

 

アメリカがしぶとくテロから逃げているのは努力のたまものだと思うが、危なさから言ったらやはりロンドン、パリ、NYが3トップ。比較的安全だと思うのはやはり仏教国でしょう。

 

しかし近頃は旅行しづらい時代だよね。

ディズニーストアに見る日本の凋落度

前回とおんなじようなタイトルで恐縮です。

 

アメリカーのディズニーストアでネット買い物しました。アカウント自体はアメリカに滞在していた3年ぐらい前に作ったもんですが、アカウントにいろんな情報を入れようとしてとあることに気づきました。

 

国籍の選択肢として、よくある国名10カ国ちょっとぐらいは最初のグループにあり、あとはひとくくり。NY暮らしの経験でなんとなくイヤな予感はしましたが、やはりそのとおり、日本は最初のグループに入ってませんでした。ちなみに韓国は入ってます。

 

NYにいた経験から、別に理不尽は感じません。韓国は国挙げて(政府が推奨してるわけではないと思いますが)アメリカに食い込もうとしているのに、日本はいつまで経っても個の世界。西海岸側は知りませんが、想像はつきます。

 

従軍慰安婦像がアメリカにできたとき、日本人は「韓国はまた汚い手を使ってアメリカ国民の目を盗んで像を建てた」と国やマスコミはそう誘導し、日本人もそう信じていたと思いますが、NYでもチャイナタウンに負けないぐらいの規模のコリアタウンを作り出し、規模でがっつりアメリカ社会に食い込もうとしていた韓国と国挙げてむしろ海外恐怖症のヒッキーと化している日本では勝負になりません。しかも韓国の人口は日本の1/3しか無いにも関わらず、です。

 

韓国は政治力・認知度を駆使して合法的に像を建て、政治力・認知力においてもはやジパングと化している日本人が騒いでも意識にもされません。日本において、中国の人がやってることにたとえばオマーンの人が抗議したとしてそれを日本人が意識するでしょうか。今、「アメリカにおいて日本がオマーンごときと同じ意識のはずあるはずがない」と思ったあなた、そうあなたこそが日本の地位を低下させていっているのです。もっともオマーンは天然資源豊かな中東の国でこれから下る日本とは全く違いますが。

 

NYにいたころ、メトロのポスターに基本英語に中国・ロシア・スペイン・韓国語の説明がついてましたが、日本語はついてませんでした。ディズニーストアがたまたま日本を落としたのではないのです。アメリカはもちろん世界中で日本パッシングは進んでいるのです。